<yoga roots(ヨガルーツ)とは>

 

 普段は各地で活躍するインストラクターが集結し、素敵な学びを皆様にお送りします。

 しっかりと納得いくまで学べる養成校を作りたい!私たちyoga rootsは、養成講座修了後、自信を持って指導が出来る事を目指しております。

 短期でRYT200を修了する方が多い一方、卒業後練習を始めると溢れ出す疑問。そんな疑問を少しでも減らすためyoga rootsは2泊3日×6回を半年をかけて学んでいきます。指導者である事は、練習と学び続ける事が大切になっていきます。我々yoga rootsのメンバーもChuck Miller師の下で少なくとも1年に1度学び続けております。

 ヨガの巨匠とも言える*Chuck Miller先生のもとで学び続けるメンバーが集結し、宿泊施設を利用した集中型養成講座です。

 ただ学習して終わり、ではなく、卒業生全員が自信をもって指導できるレベルを目指します。まずは、無意識で行っている事を意識化することで、ご自身で体感していただく事が重要です。骨格、体の柔軟性に関わらず、練習を重ね、体感することで、レッスンの中で用いる言語化、そして体を見る目を養うことが出来ます。

 また、定員10名という少人数制にすることにより、受講者お一人お一人がしっかりと理解し、わからない事は講師に質問しやすい環境となっております。


*Chuck Miller先生とは、ヨガ歴45年のヨガ界のスペシャリスト。1971年よりアイアンガーヨガを独学で始め、1980年にパタビジョイス師に師事。長年に渡りヨガの真髄を学ぶ。1988年3月にカリフォルニア州・サンタモニカで、後に全米初のヨガスタジオチェーンとなるスタジオ「Yoga Works」創始者のひとり。スタジオにてアシュタンガヨガとアイアンガーヨガの良さを交えながら指導にあたる。16年間に渡り共同経営の後、スタジオ経営から退陣し、現在は世界中に渡り指導をしている。日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ、アジア等各国で絶大な支持を得ており、ユニークで独自な指導スタイルは世界中にファンが多く、卒業生には有名なヨギー、ヨギーニがいる。